トヨタ・パッソで通勤

色々悩みましたが、最終的にはトヨタのパッソを選びました。パッソかヴィッツか・・・・なんて悩むこと数ヶ月。両方ともレンタカーで借りたり、街中で見かけるたびに観察したり・・(不審者?)

そもそも、車をってなったきっかけは仕事。部署の異動で通勤先が変わり、ちょっと自転車じゃ無理になっちゃいました。かといって駅は遠いし、バスは直通がないっ!

家賃は安くても、本道からちょっと外れた所ってそういうところが難点ですねぇ。

2代目のトヨタ・パッソです。2010年に先代から5年半、フルモデルチェンジされたパッソは、企画の段階からターゲットは絞られていたようで、女性スタッフが中心だったそうです。外見も中身もカワイイってのはこんな部分も影響したんでしょうね。

とはいえ、通勤で使うなら燃費が気になるところ。カタログでは22.5km/lとは載ってましたが、これは特定条件下での数値なのであてになりません。

実際に燃費を測ってる人によると、街中で10.5~16.8km/l、高速で18km/lくらいみたいですね。もちろん運転する人や環境によって変化はありますが、参考にはなりました。家族の乗ってる古いセダンは10km/lを下回るってえから驚愕です。まあ昔はそんなもんなんでしょうけどね。

あとは運転のしやすさ。どっちかっていうと、私の場合燃費よりもこっちかも。実はレンタカーで借りたときに感じたんですが、他の車よりもパッソがよかった理由の一つが視認性。これは身長とか運転するときの姿勢なんかも関係するんでしょうけど・・・・・

一番、左右が見やすく、肩がこらなかったのがパッソでした。先代のパッソより、シートのヒップポイントが10mm上げているようです。そのへんがベストマッチしたんでしょうね。

通勤をメインに車をって場合、燃費と運転のしやすさ。ここは要チェックですよっ!